ドル円の投資
ドル円の投資メリットは、スプレッドの狭さです。ほぼ買い売りが近接しているため、当初の投資による損失が控えめになります。それで、ドル円は中心的な取引通貨にしています。値動きのほうがやや緩やかでローリスクローリターンといえます。

それよりもスプレッドが広がるのが、ユーロ円です。当初の投資で少々損失が発生します。そして、少々ハイリスクハイリターンで値動きがあるため、上がったり下がったりします。やや控えめのハイリスクハイリターン取引です。

バイナリーオプション取引の決定版!

j
値動きの軽快さと選択肢の少なさ
oiuewバイナリーオプションの魅力はズバリ、その値動きの軽快さと、選択肢の少なさもしくは簡単さであろうと思います。ある将来の期日での価格が「ある決められた価格」より高いか低いかのハイローを選ぶだけという単純明快な投資商品なのです。

もともとバイナリオプションの前身であるオプション取引は、ファーマー(農業者)の生活を安定させるための仕組みとして考案されたといわれています。日本でもニュースなどで毎年の夏ごろになりますと、レタス一玉の値段が昨年の2倍だとか、バイオエタノールへの転換などによる小麦価格の国際的な値上がりに乗じた穀物価格の上昇だとか、キャベツの値段が暴落しているだとかのように消費者生活に身近な野菜の小売価格のニュースが頻繁に報道されます。主婦の方はよく分かるかもしれませんが、野菜の価格は年ごとに全くといっていいほど異なるのです。

それは野菜を栽培して生計を立てている農業者にとっては死活問題なのです。この価格が仮にその年に、最低限度の生活を送ることができる額を下回るようでは安心して農業の仕事を行うことなんてできません。そのために作られたのが「決められた価格で売る権利」なのです。農業者は、少なくともその年に生活できる価格で農産物を売る権利を持っていさえすれば安心して仕事に従事することができます。もちろん実際の市場価格がそれを上回ればその権利を使う必要がありません。このような一種の保険としての性格を持っているのです。

さて仮にこの年、豊作が見込める環境の中で突然の災害が起こったらどうでしょうか。豊作による供給過多のため農産物価格は下げていくために「決められた価格で買う権利」は急激に下げていきます。もしその「決められた価格」よりも農産物価格が下がれば、そのオプションは無価値になるからです。そしてほぼ無価値になった「決められた価格で買う権利」が突然の災害のために暴騰するのです。農産物価格よりも安い「決められた価格」で買うことができるので、買った農産物をそのまま売ることで差額の利益が直ぐに得られるからです。

オプションのチャートを他のFXなどの金融商品と比較すれば一目瞭然、その価格変動に驚くことになるでしょう。何せ「決められた価格」を境にして無価値になってしまう可能性があるのですからそこで買うことができれば、もしそのオプションに価値が出れば大きな利益になりえます。仮にそのまま無価値になってしまっても二束三文で買ったオプションが無価値になるだけの損失で済むわけです。この価格変動率による利益は、FXを代表とするほかの金融商品では期待できないメリットなのです。

分散投資

○分散投資は、投資の失敗による損失を限定させる
投資は資金を株や債権、外国為替などの金融資産に投下して、その値上がりを目論むも行為です。投資は中長期的な長い視点で見た場合にはプラスの収益となることが多いものですが、投資については必ず成功するものとは限られていません。株であれ為替であれ、一つの金融商品に投資資金のすべてを投下してしまった場合には、1回のトレードの失敗で資金の多くを失いかねません。
しかし、複数の金融商品に対して投資を行う分散投資を行えば、1回の取引に失敗してもその損失を限定させることができます。というのも、分散投資の組み合わせによっては、ある商品の相場が下落していても、別の商品相場が上昇するということがあり、損失をカバーすることが可能になるのです。

○分散投資をすれば、ローリスク・ハイリターンが実現できる
投資ではローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターンが大原則です。
リスクが低い社債や債権などの投資では元本割れのリスクがほとんどないものの、大きな利回りは望めません。その一方、株式や外国為替に対する投資では相場が下落する危険がはらむものの、投資が成功した場合の収益率や値上がり率は高くなっています。
ここで、経営学の1分野であるファイナンス学にはポートフォリオ理論というものがあります。
このポートフォリオ理論は株式を分散投資すれば、リスクを低減させながらリターンを上昇させることができることを数学的に証明したものです。

事実、昭和50年代に武田薬品と富士フィルムの株式を組み合わせて保有していれば、どのような相場状況でも投資資産が上昇したことが指摘されています。
分散投資は、投資対象とする選択肢が多くなれば多くなるほど効果が現れやすくなりますが、10以上の選択肢を保有している場合にはそれ以上増やしても大きなリスク低減効果は得られなくなります。
一般的に、分散投資をする場合には5~10ほどの選択肢を持つことが適切なレベルと考えらています。


○プロの投資家は分散投資を行うことが多い
このように分散投資にはリスクを低減させつつも高いリターンを実現させる効果があるために、プロの投資家の多くが分散投資を実施しています。特にプロの投資家たちが実施している分散投資方法は、種類の異なる金融商品に対して投資を行うことです。
株式と債権や先物市場の金、プラチナは相反する動きを見せる傾向が強いため、分散投資する際には格好の選択肢となるのです。

プロの投資家は株式が低迷した時には株式の持ち分を減らし、その投資資金を債権や金に投資するという形で分散投資を行っています。相場状況に応じて適切に分散投資の中身を変動させてゆくことで、どのような相場状況においても資産を増やし続けることが可能となるのです。
個人投資家も環境を整えればプロと同様の分散投資ができます。
証券会社でCFD口座の開設を行えば、金やプラチナなどの先物も購入できるようになって、投資対象を株や為替に限定させることなく、分散投資できるようになるのです。